勉強との両立を目指すなら

【両立】中学生の中間・期末テスト 勉強は、いつから始めると良い?

中学生になると、中間・期末テストという、定期的な試験が3年間ありますね。


部活やクラブ活動などのやりたいことと、この、逃れられない(笑)定期テストを両立するために、テスト勉強はいつから始めると良いのでしょうか。私の経験をお伝えします。


両立させるには、2週間前から

まず、部活を中断したテスト勉強期間というものは、一般的にテスト開始1週間前からになります。


私がその一週間前から始めたのは、1年生の最初の方だけ。1年生1学期の中間・期末テストって、小学生の勉強の延長みたいなところがありますし、試験範囲も短いので、部活のことを一切考えず、1週間前から必死にやれば、小学校のテストのように高得点を採れたりします。


しかし、私はこの1週間前のテスト勉強で、体力がガクッと落ちたことを覚えています。1週間部活をやらないだけで、体力や感覚を戻すのに同じ期間必要なのです。これでは、両立は難しい。と考えて、2学期からは

 

テスト開始2週間前

 

からテスト勉強をするようになりました。そして、定期テスト1週間前も、サッカーのために体力維持やボール感覚を維持するよう時間を割くことに。結果として、テストの点数は、試験範囲が広くても安定して高得点を採れましたし、部活のほうも成長が加速しました。


2週間前からのテスト勉強を考えた予習

ただし、このテスト2週間前からの始動には、普段の勉強の予習を2週間分、前もってやっておく必要があります。といっても、私は経験上、小中学生の学校の勉強において予習は大して重要ではない(あまりやりすぎると、知ったかぶって授業を聞かなくなるし、本気で理解しようとすると、時間ばかりかかってイヤになる。)と思っていましたから、やったことはひとつだけ。それは、

 

英単語ノートを積み重ねる

 

ことです。具体的には、2週間先まで進むであろう、英語の教科書本文に出てくる『英単語』を『辞書』を使って、専用のノートに書いていく作業です。


このとき、全部を理解しようとせず、

 

・単語
・発音記号
・その単語が持つ、複数の意味(教科書に出てくる場面の意味だけで完結しない。)

 

を、書くだけ。この単純作業は、学校の授業までにできていれば理解力が高まりますが、テスト勉強期間にやっていると大きな痛手となってしまいますので、きちんとテスト2週間前に済ませておくことが重要です。



ということで、最後は英語の単語ノートの話になりましたが、


両立するには、テスト勉強を1週間前からではなく、2週間前から始めるのがおすすめです。試験前にあたふたしなくて済みますよ(^^)

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

きっと役立つ教育関連の本と、おすすめの通信教育教材