勉強との両立を目指すなら

高校の進路選びの優先は、スポーツ・芸術?それとも勉強?

高校の進路選びに関して、みなさんは何を優先しますか。

 

要素としては、

 

  • 勉強(学力)
  • 頑張っているスポーツ・芸術
  • 専門性
  • 大学への進路または就職先
  • 校風
  • 通学距離

 

などがありますが、恐らく大半の人は、

 

  • 勉強(学力)
  • 頑張っているスポーツ・芸術

 

をメインに考えるのではないでしょうか。

 

そして、勉強の成績が良い子ほど、偏差値が高い高校に進学していくのが通常だと思います。もちろん、私も中学校3年間トップを維持できたので、そのような高校へ進学しましたが、

 

頑張っていたスポーツに力を入れている高校へ行くべきだった

 

というのが、正直なところです。

 

もちろん、良い仲間に恵まれ、とても有意義な3年間を過ごせましたが、とにかく熱中していたサッカーを完全燃焼できたか。と言われれば、答えはNOです。なぜなら、そこは進学校だからです。サッカーに打ち込む、全国レベルの強豪校に勝ちたい気持ちは
ありましたが、やはり

 

目指すところ

 

が違うため、第三者から見たら、

 

勝つのは無理だよね。

 

となります。つまり、やりたいことは、自分たちのなかでは出来ているようでも、中途半端になってしまうのです。とことんやった先に得るものは尊いですが、学力優先で『やりたいこと』を二の次にすると、その『得るもの』はありません。

 

 

高校は義務教育ではありませんし、専門性が出てくる年代です。このとき、安易に偏差値だけで進学先を決めるのではなく、お子さんが頑張って取り組みたいことができるところへ行くよう、背中を押してあげることが大切だと思います。

 

そして、やりたいことをとことんやって、特別な何かを得ることができれば、高校三年間はとても意義のあるものになるでしょう。

 

なかには、スポーツでケガをした場合、偏差値が低い高校だったら大学の進学が困る。という考えを持つ保護者もいますが、それは違うと思います。

 

なぜなら、リスクを負わなければ得るものも大したことないですし、仮にケガをしてしまったら、そのときに沸いてくる感情をプラスに変えることがとても大切だからです。

 

実際、私もケガをたくさんしてしまいましたが、その結果、体のことをたくさん勉強しましたし、それからは大きなケガとは無縁です。私は、仕事としては、医療に携わっていませんが、子供たちへの指導にはとても役立っています。人によっては、そのケガの経験を仕事に活かしたいと強く感じるでしょう。それって、素晴らしいことではないでしょうか。

 

また、高校でやりたいことが途中で途切れてしまったときに、勉強に力を入れることも十分可能です。なぜなら、インターネットのオンライン授業や通信教育、予備校、全国模試などを通じて、学力を高めることができるからです。

 

 

お子さんには、可能性があるのですから、その可能性を最大限に発揮するには、やりたいことを優先して進学先を決定するのがベストだと思います。もちろん、勉強を頑張りたいのでしたら、そのような進学先が良いでしょう。

 

グローバル化によって、かつて安泰といわれた大手企業もどうなるか分からない時代です。そんな時代を生き抜くには、何かやりたいことを徹底的にやることで特別なスキルや、大切な何かを得ることが大切だと、私は思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

きっと役立つ教育関連の本と、おすすめの通信教育教材