勉強との両立を目指すなら

【裏技からの応用】○○で勉強するのも、一つの手!!

【裏技】これをやれば、定期テストの点数が短期間で上がる!?では、短期間でテストの点数が上がる裏技を紹介していますが、これを応用すれば、中間・期末テストの短期得点アップをはじめ、日々の勉強でも成果が出ます。その方法とは・・・

 

問題を解くのではなく、答えと解説を見て勉強する!!

 

日々使っている問題集、受験対策の問題集や私立高校の過去問を使って勉強するとき、おそらくほとんどの人は

 

  1. 問題を解く
  2. 答え合わせ
  3. 間違ったり、正解だったけれどもあやふやだった箇所の解説を読む
  4. 必要であれば辞書や資料集、参考書で調べて理解を深める

 

という流れだと思います。

 

 

しかし、『問題を解く』の時点で、相当なエネルギーを使い、答え合わせしたら『ボコボコ』だったりすると、やる気を失ってしまいますよね(*_*;

 

このやる気喪失を避け、しかも効率よく勉強する方法が、『逆算型』といって、『答えと解説』による勉強です。流れは、

 

本来問題を解く箇所の答えと解説を、いきなり読む。その際、『問題の解き方』や『答えを導く部分』、使う『公式』に色ペンで印をつける(2〜3色で十分でしょう)

 

もうちょっと具体的には、

 

  • 英語や国語の長文では、答えを導く部分を色で分かりやすくする。
  • 計算をする箇所は実際に自分でやり、必要ななら図形があれば紙に書く。

 

といった感じです。しかも、教科書や解答・解説どちらか決めて、大事なところを書き込んでしまうのがポイントです。

 

 

この方法、勉強時間は通常の流れと比べると半分くらい短縮可能です。「一生懸命やったのに、できない」といやる気喪失やうストレスもありません。そのうえ、当サイトで強調している『考え方』と『やり方』も学べるため、効果的な勉強方法のひとつといえます。

 

ちなみに、大学受験・大手予備校の実績豊富な某人気講師も、『答え』から勉強する『逆算型』を推奨していました。

 

 

私が自分で考え出した裏技『勉強がよくできる数人に出題されやすいところを聞いて、そこを集中的に勉強する』に、今回紹介した『逆算型』を組み合わせれば、効率良く理解を深めていくことが可能になりますから、中間・期末テストの短期的な点数アップとともに、『長期記憶』とまではいかなくても『中期記憶』くらいなら可能です。もちろん、一回ではな二回、三回と繰り返してくださいね。

 

そうすれば、日々の学習にも使えますし、「テストが終わったら、全部忘れた〜!」となりにくいので、やってみる価値は十分にありますよ(^-^)常識にとらわれないことが大切ですね!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

きっと役立つ教育関連の本と、おすすめの通信教育教材