勉強との両立を目指すなら

【裏技】これをやれば、定期テストの点数が短期間で上がる!!

学校の定期テスト、とくに中間・期末テストのような、比較的範囲が狭い場合に限りますが、点数を効果的にアップする裏技があるのをご存知でしょうか。

 

テストまで時間が無い!!うわぁ、どうしよう・・・・

 

と、あたふたしても点数は上がりません。ここで紹介する裏技を実践しましょう。

 

 

点数を採りたかったら、○○に聞け!!

 

中間・期末テストは、純粋な勉強の要素のほかに、点取りゲームの要素もあります。

 

実際に私は中学生のころ、テスト100点一枚あたり、お小遣いを一定額アップしてもらっていました。ですから、友達がテストを嫌がっていても、私にとってはボーナスだったので密かに燃えていていました(笑)完全に点取りゲームモードですね(^-^;

 

 

そんなゲームも、好きなサッカーと両立するためには効果的なテスト勉強をしないといけません。その結果、たどり着いたのが

 

テストの点数が良い数人に、どこが出題されそうか聞く。

 

という作戦です。これは、部活ばかりやっていた高校のときの考案した裏技です。

 

この裏技、点数が良い人たちのところへ教科書や学校で使っている問題集を持っていき、出題されそうなところを教えてもらったらチェックを入れていきます。

 

これをたとえば5人に聞くと、出題されそうなところが重複してきます。その箇所こそ短期間で優先的に勉強すべきであり、テストの点数に直結してきます。

 

 

このように、どこが出題されやすいか聞いて回っていると、テストを重ねていくうちに、どの辺が出題されそうか予測できるようになってきます。

 

長期記憶にならない傾向にあるので、点数を採れても有頂天にならないことが大切

 

この裏技、確かに点数アップに直結しますが、テストが終わると忘れてしまいやすい傾向にあります。そうです、時間が経っても憶えている『長期記憶』になりにくいのです。一夜漬けと同じです。

 

ですから、たとえ裏技を使って点数がアップしても、それは自分自身の学力でない部分かもしれないので、有頂天にならないことが大切ですね(^-^)

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

きっと役立つ教育関連の本と、おすすめの通信教育教材