勉強との両立を目指すなら

中学の英語学習。中間・期末テストで常に高得点を採るために、まずやることとは?

中学校の英語学習って、どういう勉強をしたら、学校の中間・期末テストで高得点(90点以上)を採れると思いますか。

 

もちろん、やりたいこととの両立は考えずに、ひたすら塾や英会話教室に通うのもひとつの手でしょう。

 

しかし、両立を考えるのであれば、もっと効率的な勉強をしないといけません。

 

学校の中間・期末テストは、基本的に教科書本文を暗記すれば解ける

 

学校の定期テストは、どこから出題されるのでしょうか。先生は、試験範囲を指定しませんか。もちろん、しますよね(^-^;しかも、メインは教科書で。

 

ですから、勉強すべきは、教科書であり、特に

 

教科書本文

 

が、高得点を採るうえでとても重要になります。

 

 

しかし、多くの人が

 

教科書本文が重要ですよ

 

と言われても、具体的にどういう勉強をして、どのレベルまで持っていけばいいのか分かっていないんですよね。実は、このことは塾の先生でも分かっていなかったりします。なぜなら、先生本人が、中学生のときに両立をするための効率的な勉強をしてこなかったからです。

 

 

さて、話を戻しますが、高得点を安定して採るためには、教科書本文を勉強して、どのレベルまで持っていけばいいのでしょうか。それは、

 

教科書本文を暗記するレベル

 

です。そのためには、具体的に、以下のような勉強をします。

 

  • 教科書本文を10回以上、紙に書く
  • 紙に書くときは声に出す
  • 文法、単語の単数・複数形、熟語はきちんと押さえる(なんとなく暗記しない)
  • 教科書本文の音声を、そっくり真似して言えるまで繰り返す(リスニング対策にもなります)

 

これらをやった後に、学校に沿った問題集を解いてみると、驚くほど簡単に解けるはずですし、間違えたところをテスト前に再確認しておけば90点もしっかりと見えてきます。

 

英語のテストで常に高得点を狙うのであれば、まずは教科書本文を暗記すべく、

 

  • 教科書本文を10回以上、紙に書く
  • 紙に書くときは声に出す
  • 文法、単語の単数・複数形、熟語はきちんと押さえる(なんとなく暗記しない)
  • 教科書本文の音声を、そっくり真似して言えるまで繰り返す(リスニング対策にもなります)

 

を取り組んでみてはいかがでしょうか。まずは目の前のことが大事です。なお、これらを土台としつつ、補助教材として通信教育を利用することは、効率的な学習にとってもプラスだと思います(^^♪

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

きっと役立つ教育関連の本と、おすすめの通信教育教材