勉強との両立を目指すなら

学校の勉強には通信教育がオススメ。その理由とは?

学校の勉強に不安が出てきたとき、どんな対応を検討しますか。

 

多くの人は、塾に通うか、通信教育にするか、学研や公文にするか、問題集でなんとか対応するか。のいずれかだと思います。

 

そのなかで、科目が算数や国語であり、家からすぐ近くに教室があるならば、学研や公文も良いと思いますが、そうでなければ

 

通信教育

 

をおススメします。その理由とは・・・

 

理由1:家から出なくてよい

 

通信教育をおススメする理由の一つは、なんといっても移動時間がないことです。家を出て移動することは、交通事故や事件のリスクと、時間のムダ以外に他なりません。

 

「図書館なら落ち着いて勉強ができる♪」

 

というのは、別の話。そういう子は、すでに勉強スタイルを確立していましから、対象外です。小・中学生でそのレベルの子は、ほとんどいません。

 

理由2:塾に通うと、食生活が疎かになりやすい

 

また、塾に通うための時間と労力を補うために、食事は疎かになりやすいものです。時間も不規則になりますよね。心身の成長にとって、プラスではありません。受験は、そのリスクを背負ってでもやる価値があるかもしれませんが、日々の学校の勉強でそこまですべきかどうかは、よく検討する必要があります。

 

通信教育なら、生活のリズムを変える必要はありません。

 

 

理由3:問題集で対応し続けるには、保護者のサポートが重要

 

もし、市販の問題集だけで対応するのであれば、保護者のサポートがとても大切になります。お子さんが勉強をやりたくないときでも、着実にこなしていけるようにアプローチする必要がありますし、問題集の答えを見てもお子さんが理解できなかったときは、しっかりとフォローしていく必要があります。サポートに自信のない人は、実績のある通信教育を活用したほうが良いでしょう。

 

理由4:通信教育なら、お子さんの学力に合わせられる

 

通信教育なら、学校の勉強の進みに合わせたり、お子さんの苦手なところを別に受講できます。学習をカスタマイズできる、というのは、通信教育の大きな利点です。

 

理由5:一般的に、塾よりも安い

 

塾は、どうしても対面なので人件費がかかります。また、事務所の賃貸料を考えると、通信教育のほうが安くなるのは必然であり、家計は助かります。

 

理由6:両立させやすい

 

当サイトのテーマでもある『両立』。それを意識して構成されているのが通信教育の特徴なので、学校の勉強以外にも『本気でやりたいこと』があるのであれば、ぴったりといえるでしょう。

 

学習塾で両立を意識していることろを、私は知りません。

 

 

 

 

ということで、ほかにもあるかもしれませんが、学校の勉強をフォローするには、通信教育がおススメです。口コミだけで安易に判断せず、複数社から無料の資料請求をしてみるといいですよ(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

きっと役立つ教育関連の本と、おすすめの通信教育教材