勉強との両立を目指すなら

学校の勉強なら、塾と通信教育のどちらがいい?

子供が学校の勉強についていけない。


子供に、勉強を好きになってほしい。もっと、成績が上がってくれて、両立してくたら・・・


このような理由から、塾や通信教育を検討したとき、どちらを選択すれば良いのか悩んでいませんか。両方、魅力的に見えますが・・・

 

小学生の勉強の場合、通信教育のほうがメリットが多い

小学生は、心身の成長が著しく、また、五感(目、耳、におい、味、触る感覚)を鍛えるのに、非常に重要な時です。ですから、早寝早起きはもちろん、お手伝いや外遊び、きちんとした手作りの料理を食べることも、成長にはとても重要となります。


そこまで考えると、なるべく食事の時間帯、就寝時間を崩さず、しっかりと日常生活を送りやすいのは通信教育となります。


また、学習塾よりもお金はかからない傾向にあるので、お財布も助かります。

 

こういう環境なら、、塾も選択肢のひとつ

教育費にお金をつぎ込める。お子さんが、お家から一人で通える、もしくは保護者の負担が気にならない。お子さんに、なるべく夜ご飯は手作りのものを食べさせてあげる。早寝早起きを続けられる。


こういった環境であれば、学習塾も選択肢のひとつとして良いでしょう。個別指導や、クラス分けして講義に力を入れる塾があるので、どういう塾が良いか、無料体験をしてみるのがおすすめです。

学習塾でも、公文や学研教室はおすすめ。通信教育に近い要素も。

 

通信教育は継続できるか不安。だけど、一般的な塾は・・・という方には、公文や学研教室がおすすめです。決められた日にちに、決められた時間内に通って、短時間で自主的に取り組む形式です。宿題も、短時間で集中して仕上げるプリント形式ですので、家庭学習の習慣も身に付きやすいのが特徴です。


 

両立するなら、通信教育が一番!!

『好きなこと』と『学校の勉強』を両立するには、規則正しく、なおかつ『好きなこと』を優先する生活サイクルが不可欠です。『学校の勉強』は、生活サイクルから勉強に必要な時間を確保して、集中して効率よくすることが重要です。そうなると、時間を束縛されない通信教育は、素晴らしい教材といえます。


少しでも、参考になれば幸いです。