勉強との両立を目指すなら

学習塾=家庭学習?だから成績が上がらないのでは?

学習塾に通っていても、成績が上がらない。そこで、家庭学習をしているか聞いてみると、

 

学習塾=家庭学習

 

と考えて、学習塾で勉強している。という返事されることがあるのですが、みなさんはどういう意見ですか。私は、成績が上がらないのは、その考え方が大きな要因だと思います。

 

学校の成績アップには、学校の授業と家庭学習が大切!!

 

そもそも、学校の勉強に関して成績アップをするには何が必要でしょうか。私の意見としては、

 

●学校の授業
●家庭学習

 

このふたつです。このふたつ、同じ勉強でも中身が全然違います。

 

学校の授業は、受け身が中心。先生の講義を聞き、理解しようとするものです。ただし、実際には話を理解したつもりでも、理解できていない。ということが多々あります。また、計算問題のように、やり方は分かったけれども、訓練しないとスラスラ解けるようになりません。

 

そこでやるのが、家庭学習。自分のペースで自主的に授業の理解を深めたり、計算問題のように繰り返し訓練をして、確かな力をつけていきます。

 

 

では、学習塾はどちらに近いでしょうか。

 

 

これは、ほとんどの場合、

 

●学校の授業

 

ですね。学習塾は、自分のペースで自主的に取り組むのではなく、先生の講義と問題を解いてからの解説です。したがって、

 

学習塾≠家庭学習

 

であり、本来の家庭学習の時間を、学習塾へ行っているから。と、差し引くものではありません。あくまで、授業時間の追加です。

 

学習塾は、学校の授業よりも分かりやすく、問題を解くコツを掴んだり、家庭学習をするきっかけを作ることができる

 

そんな学習塾は、学校の授業よりも分かりやすいのが一般的です。そして、分かりやすいため、学校の授業と比べて、問題を解くコツを掴んだり、家庭学習するきっかけを作りやすくなります。なので、塾の宣伝文句

 

「学習塾に通ったら成績が伸びた」

 

というのは、

 

「学習塾に通ったら、先生の話が分かりやすく、問題を解くコツを掴んだり、家庭学習をするようになり、それによって成績が伸びた」

 

というのが実際です。ですから、学習塾を活用するのであれば、『塾に通うことで自主的に家庭学習をするようになった(もしくは、する時間が増えた)か。』という基準を設けることが大切であると、私は思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

きっと役立つ教育関連の本と、おすすめの通信教育教材