勉強との両立を目指すなら

【小・中学生】学習塾のデメリットも踏まえて、通塾を検討していますか。

学習塾に通えば、学校の成績は伸びます!!
あそこの塾に通ったら、うちの子の成績が伸びた!!!

 

学習塾のキャッチフレーズや保護者たちの口コミに心動かされ、すぐに通塾を検討していますか。もしくは、そうなりそうなタイプでしたら、ちょっとお待ちください。デメリットも踏まえて検討しましょう。

 

小・中学生が学習塾に通うデメリット

 

学校の勉強を学習塾で対応する場合のデメリットには、どんなことがあるのでしょうか。

 

例えば、

 

●家庭学習を進められる時間を通塾に費やすため、時間がもったいない。
●通信教育に比べ、費用が高め(人件費・教室の賃貸料・一度に受講できる人数の関係で)。短期講習も含めると、その差は歴然・・・
●食事が不規則・偏食になりやすい。
●塾で友達と遊んでしまう。
●塾で勉強するから。と、学校の授業が疎かになる。
●学校の授業と中身が重複しているので、塾講師の話の時間がムダ。自分で問題を解いたほうが良い。
●学習塾は、両立のことはとくに気にしていないため、気が付けば勉強ばっかりになってしまいがち。

 

といったことが挙げられます。

 

 

その中でも、このサイトのテーマである『両立』の視点で見れば、

 

●学習塾は、両立のことはとくに気にしていないため、気が付けば勉強ばっかりになってしまいがち。

 

というのは、かなりのデメリットです。

 

その一例として、夏休みや冬休みの短期講習って、そんなに必要ですか?受験ならいいかもしれませんな。ただし、学校の勉強を補うための塾であるならば、別に講習へ行かなくても問題集や定期テストの解き直しといった復習をすれば、学力はしっかりとつきます。

 

 

では、なぜ塾は短期講習を開催してお子さんを塾へ引き込むのでしょうか。

 

それはもちろん、お金が絡んでいるからです。多くの塾は、月謝よりも短期講習で利益を出しています。ですから、開催しない。という選択肢はないんですね。

 

しかも、塾は困るでしょうが、塾で前学期に解いた問題を再度お家でやるほうが、お子さんの学力はつきますし、時間も有意義に使えます。

 

 

他にも、塾にも

 

●家庭学習を進められる時間を通塾に費やすため、時間がもったいない。
●通信教育に比べ、費用が高め(人件費・教室の賃貸料・一度に受講できる人数の関係で)。短期講習も含めると、その差は歴然・・・
●食事が不規則・偏食になりやすい。
●塾で友達と遊んでしまう。
●塾で勉強するから。と、学校の授業が疎かになる。
●学校の授業と中身が重複しているので、塾講師の話の時間がムダ。自分で問題を解いたほうが良い。

 

といったデメリットがありますから、それらも踏まえて結論を出せたらいいですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

きっと役立つ教育関連の本と、おすすめの通信教育教材