積立投資

【投資用語】インカムゲインとキャピタルゲインの違いは?

積み立て投資をするときに見かける『インカムゲイン』『キャピタルゲイン』という言葉。『ゲイン(gain)』とは英語で「利益・もうけ」という意味になります。

そこで今回は、『インカムゲイン』『キャピタルゲイン』について説明していきます。

インカムゲインとは

インカム(income)とは定期的に得られる収入という意味で、インカムゲイン(income gain)とは、資産を持ち続けることで得られる利益のことです。

このインカムゲイン型の商品の特徴は、元本(投資した元手)が減りにくく価値も安定した傾向にありますが、得られる収入額は元本に対して少額です。身近にたとえば、土地を持っている地主が、区画を仕切って駐車場として他人に貸すことで賃料を毎月もらう。というイメージです。

キャピタルゲインとは

キャピタル(capital)とは、辞書では資本、そこから資金・元本と言う意味で用いられ、キャピタルゲイン(capital gain)とは、資本で得た資産(ここでは投資商品)を売買することによる差額の利益のことです。

株式を100万円で買って、120万円で売ったときの+20万円がキャピタルゲインになります。

また、キャピタルゲインの反対の意味として『キャピタルロス』があります。

株式を100万円で買って、80万円で売ったときの-20万円がキャピタルロスになります。

※株式の空売りなどは除き、一般的な話です。

キャピタルゲインを狙う場合、インカムゲイン型よりも値動きが大きいものが選ばれやすく、うまくいけば大きな利益を得られますが、元本割れ(元手よりも価値が下がってしまうこと)のリスクも上がります。

積み立て投資はインカムゲイン型

積み立て投資はインカムゲイン型かキャピタルゲイン型のどちらかと言いますと、前者のインカムゲイン型になります。

そもそも積み立て投資は、一般的に1か月に1回、3万円。という感じで

一定の間隔で一定の金額

を投資していきます。投資先は上場株式の個別銘柄であったり、投資信託といったものになります。

投資信託とは、投資信託運用会社が投資家から資金を集めて代理で運用し、そこで得た利益のを投資家に分配していく金融商品です。商品は複数のものでパッケージ化されており、株式以外も含まれている場合があります。

株式や投資信託を積み立てしていくと、商品を売買しなくても株式の配当や株主優待、投資信託の運用益を得ることができますから、こつこつと投資をして元本を増やしていくことで長期的にみると銀行に低金利で預金してするよりも、多くの利益を得られる可能性があります。ただし、預金と違って金額において元本が保証される訳ではありません。

日本人は長い間、金融の投資に対して関心がないと言われていました。それは、銀行や郵便局にお金を預けることで高利子がつき、ほったらかして置いたら20年後に預金額が倍近くになっていた。みたいな背景もあります。投資に回さなくても金利が良く、高度経済成長で給料は右肩上がりで、投資をする必要性を感じなかったのでしょう。

しかし、低金利やマイナス金利の預金では、物価が上がって

100円の商品Aが10年後に110円

になったら、

10年でお金の価値が商品Aに対して10円下がった

のと同じですから、預金額は元本割れしなくとも、実質的には割れてしまっていることになります。

おわりに

そのリスクを考えても、21世紀は、資産をきちんと管理して増やしていくには預金だけでなく、投資をしていく必要があるのではないでしょうか。

そして、資産を増やすには最低限の投資に関する知識も必要になりますから、全部人任せではなく、自分自身を高めていって、自己責任において管理していく。というスタイルが重要になりますね。

カテゴリー